生きた介護保険に

2003年4月17日 15時44分 | カテゴリー: 活動報告

 ようやく雨も上がり、新緑が美しい一日ででした。
 今日街でお会いした女性から質問を受けました。「母(85歳)は要介護度1です。今まで病院に行くときはヘルパーさんが事務所の車で、連れて行ってくれました。でも、4月からは〈できません〉といわれてしまったのです。どうしてでしょうか」
 そうなんです。4月1日から介護保険制度の一部が変わりました。保険料と介護報酬が変わったのです。介護タクシーや移送サービスについては、厚生労働省の見解が日々変わり、区も対応に苦慮しています。介護保険はできたばかりのものです。3年後、5年後と見直しが予定されています。
 介護保険を利用している人たちの生の声があってこそ、生きた介護保険になります。
 ぜひ、西崎光子までご意見をお寄せください。