「パンダがやってきた上野動物園」

2012年2月17日 20時45分 | カテゴリー: 活動報告

東京都恩賜上野動物園は、明治15年農商務省博物局所管の博物館の付属として開設され、もう130年の歴史があります。そういえば、私も子どもの頃、遠足で上野動物園に来た思い出があります。今では、親子3代にわたって上野動物園に来られる人達もおり、日本を代表する総合動物園として、動物との出会いの楽しさを人々に提供するとともに、多様な情報を国内外に発信しています。
昨年2月、上野動物園には、ジャイアントパンダ2頭がやって来ました。
シンシン(メス)リーリー(オス)で、パンダ舎入口には、かわいいタイルのパンダがお出迎え、パンダに関する情報パネルが展示されています。
上野動物園のホームページには、パンダのサイトもあり、最近の近況報告では、筋トレに励んでいるリーリーの写真が見られました。(かわいいですよ!)

平成23年の新しいコーナーは、「ホッキョクグマとアザラシの海」北極圏に生息するホッキョクグマやアザラシをはじめとした動物たちを、一体的に飼育・展示する施設で、動物たちの生き生きとした姿をいろいろな角度から見ながら生命の営み、動物と人とのつながり、生息環境の保全の大切さを感じられます。