「オスプレイの横田基地配備撤回を求める要望書」

2015年5月19日 11時18分 | カテゴリー: 活動報告

5月18日、ハワイ州オアフ島で海兵隊の新型輸送機MVオスプレイが、着陸に失敗し、一人が死亡するという事故が起こりました。これまでも何度も事故をおこしているだけに、東京の横田基地に配備されることがとても心配されます。

日本政府は、18日、アメリカ海兵隊の垂直離陸着陸輸送機MV22オスプレイの事故を受け、事故原因を究明し、速やかに説明するようアメリカに要請しましたが、沖縄県に配置済みの同型機の一時飛行停止は求めない考えです。

 

日米両政府は12日、オスプレイを横田基地に2021年までに10機配備すると発表し、周辺自治体および東京都に説明を行っています。

これまで、横田基地周辺市町村基地対策連絡会は、オスプレイを配備しないようアメリカに強く求めることを日本政府に対して何度も要請しており、市議会からも配備しないことを求める意見書が提出されていますが、自治体の要望は、全く聞き入れられることなく、突然の発表でした。

 

都議会生活者ネットワークでは、5月13日に「オスプレイの横田基地配備撤回に関する要請」を舛添知事宛てに提出しました。東京都として都民の安全を守るために、日本政府および米国政府に対して、オスプレイの配備の撤回を求めます。