「豊洲移転問題に関する百条委員会の理事会で偽証認定した途端、委員長辞任とは、無責任だ!」

2017年4月27日 13時53分 | カテゴリー: 活動報告

4月26日の理事会で、元副知事の浜渦氏、赤星氏2人の証言を偽証と認定することで、自民党をのぞく会派で合意しました。

ところが、理事会の休憩後に、突然、委員長から辞任したいとの意向が表明されました。その理由としては、「曖昧かつ薄弱な理由で、数にものを言わせて偽証認定を行うのは、100条委員会を設置したことに、一定の評価を得ようとするために告発、まさに「ためにする告発」ではないか、との疑念すら覚える。

また、政治的思惑や単なる思い込みによって権限を恣意的に運用している」など、とマスコミにも述べています。

しかし、これまでの百条委員会は、証人喚問の尋問や書類の調査などについては、真摯に対応してきており、委員会そのものを委員長自ら否定する発言ではないかと思います。

百条委員会理事会の終了後、5会派で記者の質問を受ける

 

偽証認定を申し出た5会派は、「委員長不信任決議案」を28日の委員会で提出する予定です。これまでの委員長と各会派の代表者会での話し合いでは、そのような意見はだされておらず、突然の辞意表明に驚くばかりです。

そのため百条委員会は、委員長交替が出来るまで、会議運営の目途が立ちません。速やかに委員会の運営が行えるよう求めていきたいと思います。