政策

『市民への分権をすすめ、地域主権を確立する』

・市民参画を拡げる
・市民への分権をすすめる
・行政改革をすすめる
・議会改革をすすめる

『世田谷型「地域福祉」の実現をめざす』

・NPO、医療・福祉・介護の事業者団体と行政の協働
・高齢者の多様な住まい方の構築
・都立梅ヶ丘病院跡地の有効活用
・福祉・介護人材の育成
・超高齢者(80歳以上)支援の区独自の施策づくり
・地域の支えあいサービスへの補助・充実
・24時間地域密着型サービスをつくる
・障がい者(身体・知的・精神)の基本的人権を守り自立支援・就労支援をすすめる

『区民が育んできた豊かな住環境を次世代へつなぐ』

・みずとみどり、都市農地を次世代へつなぐ
・区民参画で街の将来像を描き、街づくりをすすめる
・脱クルマ! 歩行・自転車・公共交通優先で移動しやすい街をつくる

『低炭素社会、循環型社会をつくる』

・太陽光、太陽熱など自然エネルギーの活用と省エネで、低炭素社会を構築する
・ごみを出さない・燃やさない循環型社会のしくみをつくる
・きれいな大気と水の世田谷をつくる
・環境を重視したライフスタイルと文化を育む

『子どもの生きる力を伸ばす』

・子どもの人権を尊重する
・地域でつくる子育ち・子育て支援
・子どもが行きたがる学校をつくる
・健康な心とからだをつくる

『若者が夢を描ける世田谷を実現する』

・若者を応援する
・社会活動を支援する
・若者のしごとを応援する
・若者の学びを応援する
・若者の心と体の健康を支える

『食べることは生きること』

・食育は「食農体験」から始める
・環境の視点から農地を守る
・市民力で食の安全を確かなものにする
・トレーサビリティ制度を充実させ、食の安全・安心を区民に手渡す

『誰もが自分らしい生き方・暮らし方ができるまちをつくる』

・市民主体で男女共同参画をすすめる
・公平な働き方を実現する
・DV(ドメスティック・バイオレンス)のないまちをつくる
・ジェンダー平等教育をすすめる
・生涯にわたる女性の健康を推進する 

『世田谷から平和を発信する』

・市民とともに平和をつくる
・世田谷から脱原発を発信する
・平和教育をすすめる
・多文化共生のまち・世田谷をつくる