理念・基本姿勢

都議会議員として都政に送り出していただき、2年間活動してまいりました。東京がかかえる課題は多く、これまで医療、福祉、食の安全、環境、教育など生活に密着した問題解決のため、私は市民の目線で真剣に取り組んできました。とりわけ世界経済が低迷する中、新銀行東京への追加出資、オリンピック招致予算など不透明な税金の使い方は、都民にとって到底納得できるものではありません。
 今、最も重要な課題は、食の安全の確保と弱者の立場に立った福祉政策の実現です。安心して子どもを産み育てられるまち、子ども達が将来に明るい希望が持てる社会、障がいがあっても自立した生活が営める社会、高齢になることに不安を覚えずに済む社会を築くため2期目に挑戦します。