「都立小平霊園の樹木墓地、樹林墓地を視察して」

2016年8月2日 17時25分 | カテゴリー: 活動報告

7月の都政フォーラムは、小平生活者ネットワークの企画で、都立小平霊園を市民の方とともに見学しました。

小平生活者ネットの皆さんと

小平生活者ネットの皆さんと

ここは、西武新宿線の小平駅から歩いて5分ぐらい、住宅地の中に建設された公園墓地です。園内は、ケヤキ、桜、松などの並木があり、緑鮮やかな芝生地など、緑に囲まれた環境で、区切られた区画ごとに特徴ある雰囲気を醸し出しています。

 

 

平成24年4月には、都立霊園として初めての樹林墓地が建設されました。樹林墓地は、樹林の下に、共同埋蔵施設を設け、直接、土に触れる形で共同埋蔵します。ここは、生前に申し込みができ、お墓が継ぐ人のない人でも申し込むことができ、死後は安らかに自然に還りたいという都民の要望に応えた新しい墓地です。

田中みちこ区議会議員も参加

田中みちこ区議会議員も参加

見学時には、樹林墓地、樹木墓地、そして芝生埋蔵施設や合葬埋蔵施設など、それぞれ時代に合わせた墓地の説明をうけながら、都立霊園の現状について、都や施設の担当者から説明を受けました。

墓地も郊外から都心に希望される方が増えていく中で、どのように都民ニーズに応えていくのか。今後の課題も残されています。小平霊園、樹林墓地