「小池知事、復活予算廃止を決断!予算の編成過程の透明性を」

2016年11月29日 14時23分 | カテゴリー: 活動報告

先週の金曜日に、定例の小池知事記者会見が行われ、これまで実施してきた政党復活予算の仕組みを廃止し、予算編成過程の見直しを発表しました。

都の予算編成は、年明けに知事査定を行い、予算原案を公表した後、各党の要望を踏まえた復活予算案(200億円の枠)を発表するのが通例になっていました。

 

復活予算については、毎年、何が復活するのか決まっており、セレモニー的な感じになっていました。都議会生活者ネットワークは、この復活予算廃止には賛同するものです。知事は、議会での政策議論をもとに、来年度の予算編成の過程の透明性を確保して、しっかり行っていって欲しいと考えます。

 

都議会では、昨年度の決算審議が行われ、12月1日から今年最後の都議会が開かれます。決算審議や今定例会での議論、そして、その後、各会派からの来年度の予算要望が知事に提出されます。

2020年の東京大会へ向けての準備も本格化されますが、その後の2025年超高齢社会の到来に備えて、福祉や医療の充実、子育て支援や保育園の整備、原発に頼らないエネルギー政策など、持続可能な社会の実現にむけて重点的な予算を編成していくことを生活者ネットワークは、要望していきたいと思います。